2014.08.01 Friday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2014.05.25 Sunday

    関連ページからの被リンク

    0
      またグーグルがいろいろ更新をしているようですね。
      去年あたりからかなりグーグルの更新が活発になっているようです。
      どんなに更新しても被リンクとコンテンツの増加は欠かせない作りのようです。
      ここでは格安で上位に表示してくれる被リンク対策をしてくれるんです。
      無料ブログは不特定多数の方が使っているものなので効果的です。
      オールドドメインの効果が結構短いような気がしています。
      お申し込み日が近かったこともあって、本日3件の被リンク付けが終了いたしました。
      被リンク作業が終了してから1カ月ほど経っているお客様から喜びの声がありました。
      こんな話は今までもいろんなSEO情報記事で読んでいることと思います。
      内部対策は検索エンジンで上位表示するためのサイトの力づけって感じですね。
      最近のグーグルは手動でペナルティーを科している場合もあるそうです。
      関連のある意味のあるページからの被リンクが大事になってきそうです。
      2014.02.22 Saturday

      記事の内容とあった被リンクを

      0
        被リンクをつける時には、記事のタイトルと内容がしっかりと合っているかどうか、知りたいことがしっかり書かれているかどうかも大きな対策になると思います。全く関係のないキーワードでリンクされても意味ないでしょうしね。
        新しく作ったサイトを短期間で上位表示させようと思わないほうがいいですよ。コツコツ充実させていく方が無難です。被リンクのサービスを一時休止したら「やって欲しいんですが」というお声がちらほらと出てきました。
        インデックスされていないからと言ってペナルティを食らっているわけでもありません。ペナルティと判断するには、いろいろと見極めないといけません。
        被リンクをつけるテキストは、「ここをクリック」「こちらへ」といったページ内容が分からないようなテキストにリンクしないことです。リピートをいただく確率が非常に高いという印象です。検索結果から訪問者を逃さない秘訣は、タイトルです。
        2014.02.11 Tuesday

        被リンクとページ数

        0
          被リンクっを申し込むときの基準って何でしょうか。料金かな?効果かな?
          でも安すぎても被リンクの効果がなければお金を捨てるのと同じです。
          今日働けば明日は祭日でお休みをいただく日です。
          いまだに一気に被リンクを数百とか数千つけるようなサービスを使っている人がいるようです。
          もちろんその被リンク業者さんの考えがあってのことでしょうが、ダメとは言いませんが危険です。
          私も1日に1つ、多くても2つまでしか被リンクはつけません。
          もちろんその被リンクのつけ方が悪いとかいうことではないと思います。
          上表示に欠かせないものとして被リンク以外に記事の内部対策とよく表現されますね。
          内部といってもどういったことを対策するのでしょうか。
          基本的にはタイトルに関連した記事・ページ数を増やすことですね。
          被リンクとページ数が比例して増えていくといい結果が出ることもあります。
          PR
          Selected Entries
          Categories
          Recommend
          Links
          Others
          Mobile
          qrcode
          Powered by
          30days Album
          無料ブログ作成サービス JUGEM